残置物の片付け処分・回収も!東京・神奈川サーティーハウス |

トップページ > 残置物の片付け

解体工事を始める前の準備に「残置物」の処理・回収 Preparation

建物の解体を行う為には、まず屋内にある残置物を全て撤去しなくてはなりません。
当社では、解体工事前の残置物の撤去作業も承ります。
また、残置物を選別し、分別作業にも重点をおいています。
お客様は複数の業者にご依頼される手間が省け、費用も抑えることが出来ます。


家屋の解体時に出る「残置物」には家庭のゴミが大量に。
生ごみからビン、缶、古雑誌、不要な木材、家具、家電まで。
ここでサーティ―はリユース・リサイクル出来る物を分けゴミの割合を減らすことが必要です。
当社の強みでありますリユース、リサイクルを最大限に活かした分別は、
残置物の撤去費用を抑えるためのお役に立つと自負しております。


店舗内の残置物には鉄材、アルミが多く含まれています。
すべてをゴミにしてしまうのではなく、分別して「リサイクル
することにより、一層処分のコストダウンを目指します。

また、店内の残置物には、専門の機器があるので、状態によりまして
「買取可能」な製品もございます。解体のお見積りをしながら、「買取」もでき、
ここでも解体費用の「コストダウン」が可能になります。


古くなった物置や納屋は、近年の台風や積雪、突発的な強風豪雨などで
崩れ落ちてしまったり、残置物が散乱し、二次被害を起こしてしまいます。
サーティーでは、物置や納屋まもちろん、物置内の不要な残置物も
一緒に回収が可能です。不要な農機具なども処分可能です。


工場や倉庫などの解体には「産業廃棄物」が出ます。どのように搬出するかがポイントです。
分別、選別、運ぶ場所といったころをその現場ごとで判断して
効率よく残置・壊した物を片付て行きます。
サーティーは、東京都・神奈川県・埼玉県の産業廃棄物収集運搬許可を保有してますので、
プラント内の産業廃棄物もまとめて回収いたします。

また、ブロックや鉄材など、資源にして再利用できるものにはリサイクル
しますので、「単にゴミの処分」とは違いコストを軽減することが可能です。

※塗料・溶剤系、ガスボンベ、消化器など、一部別途処分費用が掛かる製品もございます。

サーティーはゴミでも「分別」することによりコストを抑える、という流れを組んでいます。
回収できないものはありません!解体からゴミの回収・処分・買取がかのうです。